小顔美人を目指すなら小顔整形に挑戦【ローリスクハイリターン】

輪郭注射とは

カウンセリング

気軽に顔痩せ

女性ならば、小顔の人と並んで写真に写りたくないと感じたことが一度はあるのではないでしょうか。美容外科には輪郭形成術という骨を削って小顔にする手術がありますが、近年ではメスを入れない施術も多く用意され、一昔前より手軽に利用できるようになりました。中でも顔の脂肪に悩む人に適しているのが、輪郭注射と呼ばれる施術です。これは、治療したい部位に細い針で穴を開けてカニューラで薬剤を注入していくメソセラピーと言われる治療法の一つです。輪郭注射の薬剤は幾つか種類があるものの、チロシンなどのハーブ由来成分や海藻抽出物、他様々な天然成分を有効成分としたものがよく使われています。臨床実験では、この薬剤を注射した脂肪細胞は約30%減少することが分かりました。体の脂肪を除去してくれる脂肪溶解注射では、効果を実感するまでにはおよそ1ヶ月かかりましたが、輪郭注射で実感できる時間は最短3日です。また、注射した部位に熱感を感じたり浮腫が起きたりすることもありません。輪郭注射用の薬剤は、リンパの流れを良くして脂肪を分解するだけでなく、肌の引き締め効果も加わっています。脂肪が流れることで小顔になるのはもちろん、同時に溜まっていた老廃物も流れていくので、顔色が良くなるのも期待できます。高い効果が期待できる輪郭注射ですが、万人に向くわけではありません。アジア人は頬骨が高い傾向にあるため、笑うと頬骨の辺りに肉が盛り上がるのを気にする人は少なくないものの、脂肪でなく筋肉の場合もあります。体が痩せ型の人は脂肪である可能性は低く、他の施術が適当な可能性が高いです。筋肉を緩める効果があるボツリヌストキシン注射など、他の施術も候補に入れるといいでしょう。また、どの方法が適しているか、解剖医学的に見てアドバイスしてくれる医師なら安心です。違う施術を併用することで確実な小顔効果が得られることもあるので、医師のアドバイスはしっかりと傾聴したいところです。輪郭注射は脂肪を分解するというより、脂肪細胞の数を減らすので、半永久的に効果が続く可能性が高くなっています。しかし、過食気味で太りやすい生活をしている人などは、個々の脂肪細胞が大きくなることでまた顔に脂肪が付いてくる可能性があります。それから、一度の注射でも効果を感じる人は多いですが、平均施術回数は3回から5回ほどと言われています。注入量や注射回数は、脂肪の量や脂肪をどれくらい減らしたいかという希望によって異なります。一度でしっかりと小顔効果を得たい人は、注入量を多くするのが効果的です。

Copyright© 2018 小顔美人を目指すなら小顔整形に挑戦【ローリスクハイリターン】 All Rights Reserved.