小顔美人を目指すなら小顔整形に挑戦【ローリスクハイリターン】

施術に必要な費用目安

医者

整形の方法は様々

小顔整形で最も確実な方法と言えるのは、輪郭形成手術です。エラ骨や顎骨、頬骨を削ることで輪郭を変えて顔を小さくします。顎が長い場合は横半分に切ってから丈を詰めるようにして短くすることが可能です。こうした手術は最も大規模になるため、最低でも80万円はかかります。高額ではあるものの、効果は一生涯続くというのが大きなメリットです。また、顎を短くしたい場合は唯一の選択肢です。脂肪を溶かして小顔を手に入れる輪郭注射にかかる費用は、その人の脂肪量やクリニックごとに扱う薬の種類によって変わります。推奨される3回の注射で8万円から10万円はかかるのが一般的です。脂肪が再び付かないように生活すれば効果は長持ちします。たるみを引き上げてフェイスラインをシャープにする超音波治療では、顔全体で20万円から30万円はかかります。たるみアップだけでなく、肌の調子も上がったという人は少なくありません。エラ周りの筋肉を小さくして小顔に見せるボツリヌストキシン注射は、10万円ほどが相場です。輪郭形成手術をしたのではないかと言われるくらい小顔に変化する人もいます。それから、顎先にヒアルロン酸を注入して尖らせることで小顔に見せられる場合もあります。この場合にかかる費用は、10万円が相場です。輪郭形成術のように骨格から小顔にすることはできますが、注射施術などで手軽に小顔に整えることは可能です。そもそも、顔が大きく見える原因は人それぞれです。顎の下や頬に脂肪が付いて顔が大きく見える場合は、脂肪を燃焼する薬剤を注入することで脂肪を減らす輪郭注射が適します。使用される薬剤の多くは植物や海藻を由来とする成分となっているため、人体に優しいのが特徴です。3回くらい注射すると、徐々に脂肪が減っていきます。それから、皮膚のたるみによって顔が大きくなったと感じる人も少なくありません。この場合は、を皮膚に当てていくだけで深層の筋膜から引き上げられる超音波治療が適します。この超音波機器の発売によって、フェイスリフトなどの切る施術を行わずに済むようになりました。そしてエラに悩む人は、ボツリヌストキシン注射治療が適用される可能性が高いです。骨格は変えられないものの、咬筋が張り出している場合は筋肉を緩めて頬周りをシャープにすることが可能です。また、顎が小さいことで顔が横に大きく見える人などは、ヒアルロン酸注射がいいかもしれません。ヒアルロン酸は人体に含まれる成分なので、最も安全性の高い注射治療と言えます。輪郭注射以外は、基本的に年に数回程度の継続した施術が必要です。

Copyright© 2018 小顔美人を目指すなら小顔整形に挑戦【ローリスクハイリターン】 All Rights Reserved.