小顔美人を目指すなら小顔整形に挑戦【ローリスクハイリターン】

ドラマティックに改善

顔に触れる女性

術後の過ごし方が大事

頬骨が突出している場合も顔が大きく見えやすいのですが、その状態を改善して卵型の小顔にしてくれるのが、美容外科の骨切り治療です。整形方法はクリニックによっても違いますが、頬骨をカットして、内側に移す手法もポピュラーになっています。主に切開は口の中とモミアゲ付近から行い、鼻側と耳側を切り、頬骨をフリーな状態にします。その後、治療プランで決定した位置に頬骨を動かして固定するため、前から見ても斜めから見ても、綺麗な小顔に仕上げられる訳です。このほか、下顎角は一般的にエラと呼ばれていますが、この骨が出っ張っている場合でも、骨切りや骨削り治療で小顔になれます。下顎角の整形なら、基本的に切開は口の中だけで済み、張り出たエラ骨をカットしたり、滑らかな形状に削ったりするのが一般的です。エラ骨にボリュームがある場合でも厚みを減らせますので、効果的な小顔治療が受けられます。それらに対しまして、骨格上に問題は認められず、エラの筋肉が膨れているために顔が大きい場合は、ボツリヌストキシン注射が有効です。筋肉はアセチルコリンの働きがトリガーとなって動き始めますが、この薬にはその物質の分泌を食い止める能力があります。使わない筋肉は廃用性萎縮効果で痩せ細りますから、エラの筋肉がスマートになり、およそひと月前後で小顔になれるという仕組みです。骨を直接治療する小顔整形は、ドラマティックにコンプレックスを改善できますが、ダウンタイム中の過ごし方には気を付ける必要があります。特に術後の数日間は横になり続けると患部が腫れやすいため、日中は体を起こしていた方が良い場合も少なくありません。ですから入院せずに通院する場合は、術後の過ごし方を医師からシッカリ確認しておき、厳守しましょう。また、大きく口を開けることや、硬いメニューを食べるのも1週間ほど困難になるので、やわらかい食事を心掛けるのが肝心です。1人暮らしの場合は食事の用意も大変ですから、介護食や離乳食のレトルト食品などを買い込んでおくと便利かもしれません。ただし、骨切り治療などの小顔整形を受けた後は、唇も感覚が薄れやすいため、熱い料理を食べる時は気を付けておいた方が良いでしょう。そして、骨切り治療でフェイスラインを整えますと、人により顎下などにたるみが出るケースもあります。この治療は全身麻酔で行いますので、脂肪吸引などを一緒に受けておけばダウンタイムも合算でき、後で改めて吸引するより楽です。そこで事前のカウンセリングでは、施術に伴う皮膚のたるみなどに関しても、忘れずに執刀ドクターと相談しておきましょう。

Copyright© 2018 小顔美人を目指すなら小顔整形に挑戦【ローリスクハイリターン】 All Rights Reserved.